トレーニングに際して

トレーニングを行ういわゆる「筋肉を鍛える」「全身のポテンシャルをアップする」目的あればこそのトレーニングですが、あくまで我流での実践からの継続とは切り離せぬリスクやデメリットが見過ごせません。関連資料を収集からあくまで独自にプログラムを構築し、黙々と実践されている方々も大勢お見受けします。その揺るがぬ意志と継続する姿勢には素直に頭が下がりますが、同時にこの努力の方向が万が一誤っていた場合、その後のくが心配でならないのも事実です。いわゆるオーバーワークに繋がらないか、結果肉体を無意味に痛めつけていないかなど、正しい専門知識を有する人物から見れば、乱暴な言葉を用いれば「危なっかしくて見ていられない」「直ぐにストップさせるべき」と映るケースも少なくありません

こうした努力した分だけマイナスが当事者に及ぶ、悲し過ぎる展開を回避するためにも、スポーツクラブを利用から、より安全確実なプログラムの実践がお薦めです。クラブを利用から然るべき指導者の指導と助言を仰ぐ中、徐々に正しい知識を身につけた上での独自のトレーニングであれば、先に述べた無用なリスクの回避が可能です。何か新しい物事と取り組むに際しては、適切な指南が欠かせないのは万事に共通しており、トレーニングなる肉体に負荷を掛ける作業であれば尚更です。

About the author

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31